やじのプロフィール

【生配信初心者】トークライブの内容を企画書にしてみた!

\この記事を書いた人/
やじ

今しかないこの瞬間を残すカメラマン。看護師5年→結婚して専業主婦へ→2017年11月〜フリーランス。【#やじフォト】で活動中。美容研究家忍者みやゆう専属カメラマン。

▼やじをフォローする▼

先日『2021年に写す世界』というテーマで、TwitterとInstagramの同時生配信をしました。

その中で自分の思いをプレゼン形式で話す『ミニトークライブ』を行いました。

一人で生配信するのも、自分の思いをプレゼンするのも初めてだったので、本当に不安だったし緊張しました。

 

でも、当日を迎えるまでに

・なぜ行うのか
・誰に見て欲しいか
・何を伝えたいか

を明確にした事で、当日までの動きが定まり、計画立てて当日を迎えることができました!

 

この記事では、生配信一週間前に作成した、初生配信トークライブの企画書をそのままま掲載しています。

やじ

事前に企画書を作ったことで、より良い生配信になりました!

今後、生配信を挑戦する人の役に立てれば嬉しいです♪

 

スポンサーリンク

【初生配信】やじトークの内容を企画書にしてみた!

 

生配信前に企画書を作った理由

そもそもこの企画書は、私が一緒に活動している美容研究家忍者みやゆうからの一言がきっかけでした。

 

彼は、数え切れないほどのトークライブを行なっていて、本当におしゃべりが上手なんです。

 

トークに関してたくさんの経験を積んできている彼が、生配信の日程だけ決め、準備をほとんど進めていなかった私に対し、

 

みやゆう
みやゆう

明後日ぐらいに一回、生配信で何するか簡単な企画書作ってみてよ!せっかく「やじ企画」でやるんやから、「やじ」の生配信にしんとね!

 

やじ

(うわー!!!笑)

(ちゃんと内容考えてないこと、見透かされてる。。。笑)

 

だけど、みやゆうからのこの言葉のおかげで、私の負けず嫌い精神が発揮されます。笑

 

生配信初めてなのに、そんな甘い考えで来てくれた人を楽しませれるわけない!

ましてや1時間喋れるかも分からんし。

これはやるしかない。

 

翌日、頭をフルに回転させて、この企画書を作成したのです。

 

生配信トークライブ企画書

では、実際に生配信する一週間前に書いた企画書をそのまま公開していきます!

見せるために一部修正しています。

 

トークライブ概要

日時

2019年2月1日(土曜)19:30〜20:30

ツイッターライブ・インスタライブにて

 

SHOWROOM代表前田裕二さんの講演会(名古屋)と同じ日程

私のツイッターのフォロワーさんがたくさん参加するこの講演会と、敢えて時間を被らせた。

→これから自分も発信する立場になっていく。いつまでも客側でいてはダメ!発信者になる決意も込め、日程を被らせた。

 

何を伝える?

カメラマンの数は今後増えていく。

(初期投資少ない、発信との相性が抜群だから、もうすでにカメラを趣味としている人が多い)

 

そして、どんどんカメラの性能も高くなる。

スマートフォンの画質がかなり良いし、初心者対応している一眼レフも、たくさんある。

 

それだけじゃなく、数年後には、AI搭載の小型カメラ付きロボットが空中を飛び回り、決定的な瞬間を的確な設定で撮影する。

そんな未来がくると思う。

 

そして、みんなが発信に力を入れ始める。

 

そんな未来に、私はどう生きていけばいいのか。

・これから選ばれるカメラマンになるには?

・私だからできることは?

 

未来とカメラを繋げてトークし、自分は何をしなければいけないかを伝える(決意表明)。

 

ターゲット

・カメラに興味持っている人

・前田さんのトークライブに行っていない人

・フリーランスの人

・普段あまり交流のないフォロワーさん

 

トークライブをやる目的

やじのことを知ってもらう

・いつも応援してくださっているインスタのフォロワーさんや、あまり接点のないツイッターのフォロワーさんに、私について知ってもらう機会にしたい。

・今までカメラについて話す機会がなかったので、これを期に私がどんな思いを持って活動しているか知ってもらいたい。

 

カメラマンに対するみんなの意見を知り活動に繋げる

・事前アンケートを取り入れて、今後のカメラマンについてみんなの意見も聞いてみたい。(来れない人も参加できる生配信

 

トーク力UP

・2019年の私の目標の1つが『話術をつける』。テーマを決めてプレゼン(トークライブ)することで、自分の思いを伝える力を高めたい。

 

2019年の始めに、今年の抱負を書き初めしました。(「術」に点がないのはご愛嬌…笑)

 

1時間の内容

やじのプレゼン『カメラマンのこれから』

約15分間、カメラマンのこれからについてプレゼン形式で話す。

 

みんなが思うカメラマン

事前のアンケート結果を発表。

それについての私の考え、聞いてくれている人の反応を聞く。

 

今後の告知

・未来についての話→2月2日美容研究家忍者みやゆうトークライブの告知

・3月22日の発表について触れる

 

生配信トークライブまでにやること

告知

・案が固まり次第、ツイッター、インスタ(ストーリー)で告知する。

告知用アイキャッチの作成

・1日一回は行う。(やる目的とかも含め発信)

 

アンケートをとる

出来るだけ多くの声を集める。

※掲載する旨を伝える

1分以内に答えれる内容にする

※匿名にする

 

twitter/グーグルフォームでアンケート

① 出張撮影したことある?(yes/no)

② ある人→感想は?よかったこと、悪かったこと

③ 何を基準にカメラマンを選ぶ?

④ カメラマンはどんな人がいい?

 

Instagram/ストーリーでアンケート

①カメラ持ってる?→使いこなせてる?/今後欲しい?

②設定は何で撮ってる?

 

プレゼン作る

・途中から配信を見に来た人が何を話してるか分かるように。

・もう一台のMACでプレゼン資料作って、当日はそれを見せながら話す。

 

配信に関して

・事前にお試し配信して、当日一人で行えるようにする。

・自撮り用ライト買う(1300円くらい)。

配信するための会議室借りる

・フリートーク中に話すネタを挙げておく。

 

トークライブ終了後

アンケートをまとめてブログにする

・結果は記事にしてまとめる。

・この企画書もある程度ブログにしてしまう。

 

反省・振り返り

今後のために。

 

生配信前に企画書を作ってみて良かった事

こんな感じで、企画書を作成し、当日を迎えました。

 

当日の様子です。楽しそう!笑

 

無事生配信を終えることが出来たのですが、企画書を作って本当に良かったと思っています。

その理由はこの3つです。

 

生配信をやる目的が明確になった

1つ目は、この生配信をやる目的が明確になったということ。

目的が見えたことで、「やりきったら成長できるはず!」と感じられるようになり、より一層やる気が出ました。

 

当日までにやるべきことが明確になった

2つ目は、生配信に向けてやるべきことも明確になったということ。

実際に配信している自分をイメージしやすくなったので、そのために準備しなければいけないことを挙げることができたし、目的を達成するためにやらないといけないことも分かりました。

この企画書を元に、当日までの一週間の細かい予定をたてて、そのタスクをこなしていきました。

 

アドバイスをもらいやすくなった

この企画書を、生配信一週間前に美容研究家忍者みやゆうに送り、チェックをしてもらいました。

他人にアドバイスをもらう時も、こうやって企画書としてまとまっていると、すごくやりとりがし易いと感じました。

 

生配信初心者がトークライブをしてみて

今回、初めての挑戦でしたが、事前に

・なぜ行うのか
・誰に見て(聞いて)欲しいのか
・何を伝えたいのか

を明確にしておく事で、準備もしっかりでき、何より、自分自身のやる気に繋がりました。

そして、内容が明確になっている事で、結果的に見ている人に伝わり易くなった(見ている人の満足感を挙げることが出来た)と感じています。

 

大切なことを教えてくれたみやゆうには感謝です!

生配信やトークライブに慣れないうちは、今後もこうやって自分の頭の中を整理してから取り掛かろう!と思いました♪

 

読んでいただきありがとうございまいした!

やじ

 

▼生配信トークライブをして学んだことはこちらにまとめています▼

【初めての生配信】で私が学んだこと/15分プレゼン&アンケート結果

コメント