やじのプロフィール

【分身の術】Photoshopで人物を合成してみた/未来会議風加工

カメラ技術
\この記事を書いた人/
やじ

【アラサー・バツイチ・フリーランス】の美容研究家忍者みやゆう専属カメラマン。超・体感型ファンクラブ『やじゆうといっしょ 』運営中。一生ドキワクし続けるため、全力で活動中!

▼やじをフォローする▼

写真編集ソフト『Photoshop/フォトショップ』分身の術やってみました!

人物合成の原理を知れば、フォトショップを持っていなくても作成可能ですし、意外と簡単なので、ぜひトライしてみてくださいね♪

スマホでの合成方法も載せてますよ!

 

モデルは私が一緒に活動をしている美容研究家忍者みやゆうです。

 

スポンサーリンク

【分身の術】Photoshopで人物を合成してみた/未来会議風加工

 

合成に使った写真

今回は、金沢の観光名所『21世紀美術館』で撮影した写真を使いました。

【これ全部無料?!】金沢のフォトジェニックスポットで写真撮ってきた!

 

 

合成写真を作成するときは、三脚で構図を固定し撮影するのがベストなのですが(合成が簡単だから)、旅先でなかなか大掛かりな撮影はできませんよね。

その場合は、手持ちでOKなので、出来るだけカメラの位置をずらさず、同じ構図で何枚も撮影してください。

 

↑こんな風に少しぐらい、ずれてもOKです。

 

合成で自然な仕上がりにするには、光の当たる方向角度が、超重要になります。

 

とにかくポイントは、

出来るだけ同じ条件下&同じ構図で撮影する!

ということ!

 

ちなみに、真ん中のみやゆうは、この写真を使っています。

 

 

撮影した環境が違うので、少し違和感が出てしまいました。

 

Photoshopで違和感なく合成する手順

では、違和感なく合成するやり方を解説していきます!

 

大雑把に切り抜いて合成

まずは【輪投げツール】でざっくり切り取って選択範囲をコピーし、もう1つの写真に貼り付けます。

 

 

 

だいぶざっくり切り取りましたが、構図をずらさないようにして撮影したおかげで、芝生部分はこの時点でも、ほぼ違和感がありません。

 

縁を消しゴムツールで消していく

あとは消しゴムツールで余計な場所を消すだけ。

 

 

拡大すると正方形のマスが出てくるので、消しゴムのサイズを変えながら、丁寧に消していきましょう。

これでOK!

 

この切り抜き作業は、フォトショップがなくても、スマホアプリ『PhotoLayers』でも代用ができます。

↓この記事でまとめてるので、参考にしてみてください♪

切り抜き画像に【白フチ】携帯アプリだけでできる超簡単な方法!

 

3体並べたものがこちらです。

左のみやゆうは、かなり馴染みました♪

 

近未来感を足してみる

合成ができたら、『PicsArt』というアプリで、星空とキラキラを足してみました。

スマホでもできますが、操作が細かいので、ipadがあるとベストです。

 

PicsArt内の、『ステッカー』【galaxy】と検索すると、星や宇宙の素材がたくさん出てきます。

それを少し透明にして、はめ込んでいき、余分なところを消しゴムで消せばOK。

 

 

最近のアプリは、ハイテクです…。

加工の可能性を感じました。

 

スポンサーリンク

合成を覚えて不思議な作品を作ってみよう!

いかがでしたでしょうか?

 

完成画像をもう一度♪

どん!

なかなか近未来っぽくなったのではないでしょうか?

 

Photoshopって機能が多すぎて難しいんですが、1つ技を覚えるだけでいろんな表現ができるようになるのが、本当に楽しい!

しかも、最近はいろんな加工アプリも開発されてるので、表現がさらに無限になったなー!と感じました!!

 

これからも、みやゆうを使って、新しい作品を生み出し続けていきたいと思います!!

 

インスタで、他の作品も投稿してるので、ぜひチェック&フォローよろしくお願いします!!

やじのインスタを見る

 

他にも編集まとめてます〜!

【分身の術】photoshopで人物を青白く光らせる/SF風加工の手順

コメント