やじのプロフィール

やじの人生をかけた『覚悟』と『決意』

やじの決意
\この記事を書いた人/
やじ

【アラサー・バツイチ・フリーランス】の美容研究家忍者みやゆう専属カメラマン。超・体感型ファンクラブ『やじゆうといっしょ 』運営中。一生ドキワクし続けるため、全力で活動中!

▼やじをフォローする▼

予告していたライブ配信は見ていただけたでしょうか?

まだの方、みやゆうのYouTubeの最新動画で見れますので、ご確認ください。

 

そして、、、

やじゆうファンクラブ
『やじゆうといっしょ』
開設しました!

 

生配信でお伝えしましたが、みやゆうと一緒にファンクラブ運営します!

これは面白いことになるぞ!

なんかドキわくしそうだ!

やじゆうを応援したい!

そう思った方、ぜひ『やじゆうといっしょ』に入って頂けると幸いです♪

やじゆうと一緒に面白いことしていきましょう!!

 

『やじゆうといっしょ』の詳細・入会はこちら

 

スポンサーリンク

人生をかけた『覚悟』と『決意』

 

 

ここからは、私やじから、皆さんへ、伝えたい思いを書きます。

 

『ご報告』いつも応援してくださる皆様へ

3月20日の予告動画、22日の生配信でも触れましたが、私『やじ』は昨年11月に離婚をいたしました。

 

結婚生活は約2年半。

元夫とは10月下旬ごろから話し合いを重ね、『お互いの人生をより良いものにするため』2人でこの決断を下しました。

 

元夫は自分軸100%の人間。

 

対して私は、敷かれたレールから外れることを嫌い、他人の目を気にしてばかり。

良く言えば『空気が読める』、悪く言えば『優柔不断で人に流される、自分の意思が無い』人間でした。

 

元夫は、そんな私を引っ張り出し、背中を押してくれ、『世界にはこんな楽しいことがあるんだよ』と教えてくれました。

 

 

知らない世界を見たり、いろんな人の人生観・価値観に触れたおかげで、私は自分が本当に好きなことや、やりたいことに向き合うことができました。

 

そんな中で見つけた私が大好きなこと。

それがカメラだったのです。

 

 

2018年秋、私は大好きなカメラを使って仕事を始めました。

看護師として働いていた経験はあるものの、自分の力でお金を稼いだのは初めてで。

 

最初はお金を頂くことに抵抗もあったし、悩んだ事もたくさんありました。

それでも、カメラで仕事をし始めてから、本当にたくさんの人に出会い、たくさんの経験ができ、やりがいを感じていました。

 

何より、『誰かに言われたから』ではなく、『自分の意思で行動している』ということが、今までにない充実感と達成感を味わわせてくれました。

 

そして芽生えた、

 

『もっとワクワクドキドキしたい』

『もっと自分の可能性を試してみたい』

 

という気持ち。

 

このまま、自分に制限をかけ、挑戦せずに終わる人生なんて嫌だ。

 

この気持ちを突き詰めていった時、『ギブ&テイクし合い支え合う』という私たちの夫婦像は壊れていったように思います。

 

 

そんな中、一緒に出かけた際に(それが夫婦での最後の旅行でした)、『これって私が行きたい場所じゃないな』『この時間ブログとか書いていたい』そう思ってしまい、それが態度に出てしまっていました。

 

今まで、元夫の行きたい場所に “連れて行って” もらっていたけど、自分の意思が明確になった今、その時間は私にとってあまり楽しくない時間になっていたのです。

 

その旅行がきっかけで、夫婦について元夫と話をすることとなったのです。

 

 

結婚したことに後悔もないし、夫婦生活は幸せでした。

ただ、これからの人生を楽しみきるため。

 

結婚している意味がなくなったので、婚姻関係を終わらせることを二人で決意したのです。

 

 

今まで、

『結婚してても好きな事してて凄い!』

『すごく理解のある旦那さんだね!』

 

と声をかけていただき、そんな私を好きでいてくれる方もいました。

 

でも、この決意をしたのも私自身。

 

離婚し、新しい人生を歩む『やじ』をこれからも応援してくださると、嬉しいです。

 

 

専業主婦からフリーランスへ。やじの挑戦

 

自然と涙が出る毎日

離婚を決めてからしばらくは、何をしていても涙が流れる毎日。

今日までの約5ヶ月、精神的に不安定な日もありました。

 

 

ただ、私には立ち止まっている時間はありませんでした

 

今まで金銭面に関して元夫に完全に頼っていたけど、ここからの何十年もの人生、私は自分の力で生きていかなければなりません。

 

でも、私はフリーランスになってまだ1年ちょっと。

経験も技術もまだまだ少ない状況で、これからどうしていこう。

 

お金稼がなきゃいけないから、仕事しないとな…。

 

 

と思う反面、、、

 

下請けの仕事や、好きじゃない仕事はやりたくない!

他のカメラマンと一緒にされたくない!

『やじ』を好きになって欲しい!

 

私の心の中には、そんな気持ちが強くありました。

 

 

でも、

これでいいのかな…?

本当にできるかな…?

周りになんて思われるやろう…?

 

と、不安がつきまとう。

 

離婚して、自分を試す!と覚悟を決めたはずなのに、これから自分がどう動いていくか、どんな気持ちで仕事をしていくか、という『自分の軸』が定まりきっていなかったのです。

 

 

この気持ちの状態で誰かと話をしたら、きっと過去の自分のように、人の意見に流されたり人の目を気にして、走ることを止めてしまうかもしれない

 

そんな葛藤があったから、今日まで人に会うことを控えていました。

離婚のことも、親しい人数人にしか伝えていません。

(通っていた名古屋大須のカフェバーTOLANDに行かなくなったのもその理由。)

 

 

そんな中、ずっと私の話を聞いてくれアドバイスをしてくれていたのが、美容研究家忍者みやゆうでした。

彼は、2018年9月から私が『専属カメラマン』として、また『やじゆうコンビ』として一緒に活動している忍者です。

 

彼は、私の人生の目標である『一生ワクワクドキドキ』を実現させるため、私がどう動いたらいいか、というのを一緒に考えてくれました。

 

 

フリーランス歴15年のみやゆうは、夢が明確で、自分の軸がブレることは徹底してやりません。

その徹底ぶりは、ちょっと極端な時もあって。

 

 

みやゆうからアドバイスをもらっても、それは違うんじゃない?と思う時も多々ありました。

でも、何度も何度も話を聞くにつれて、これって全部、私の人生を『ワクワクドキドキ』させるための事ばかりだな、と思うようになりました。

 

 

それでも、本当に覚悟を決め切れたのは、年が明けてから。

離婚してから今日までの間、本当に本当に辛い日もありましたが、とにかく自分と向き合い、やれることをやり続けました。

 

 

新たなスタートに立った『やじ』

そんな中で決まっていった、

『みやゆうと一緒に47都道府県をまわる』

という話。

 

新しい挑戦のような気がして、すごくワクワクしました。

 

でも、ただみやゆうに付いてまわるだけじゃ、私自身は何も変わりません。

 

 

せっかくやるんやし、思いっきり全力でやるしかない!

そう決意し、走り続けてきました。

 

 

全国をまわる!と決めたけど、その時はまだ、自分の術も少なくて、『やじ』としてのキャラも確立してなかった。

そんな状態でみやゆうの隣にいても意味がない。

 

だから、この発表をする今日『3月22日』までに、自分の基盤を作る必要がありました。

 

 

その基盤を作るために、離婚してから今日までの5ヶ月で私がやったことは、

 

・自分の軸を明確にする
・自分の軸がブレる撮影はしないと決意
・仕事関係の方達に、自分の思いと今後撮影できない旨を伝える
・カメラの勉強
・やじフォトブログの強化(デザインや記事の数)
・術を増やすためのやじチャレンジ(画像編集Photoshopなど)
・伝え力の強化(生配信など)
・家を出るための引っ越し準備
・親族への説明
・断捨離

 

こんな感じ。

 

本当に引きこもって、やり続けました。

 

立ち止まっている時間は無かったから。

『やじ』という基盤を作りながら、みやゆうと全国をまわる計画を念密にたて、準備をしてきました。

 

 

私が47都道府県をまわる理由

47都道府県を私がまわるのには、3つの理由があります。

それについても少し話しておきます。

 

みやゆう専属カメラマンとしての使命を果たすため

みやゆうには『忍び場を名古屋の新観光スポットにする』という夢があります。

彼はその夢の実現のため、年単位で計画をし、直実に行動しています。

 

その結果、この一年だけで、クラウドファンディングを成功させたり、忍び場やMIYA ROCK FES(音楽フェス主催)、未来を見据えたトークライブを開催したり、全日本パリピ選手権に出たり…

 

これからもきっと、よく分からんけどワクドキする事が起こるに違いない。

 

 

専属カメラマンの私には、みやゆうが日本、そして世界に進出していく過程を残す、という使命があります。

 

 

それと同時に、みやゆうと組んでいる『やじゆう』のコンビとしても活動しまくります。

『やじゆう』という存在を知ってもらい、二人だから出来ることに挑戦していきます。

 

 

『やじ』の価値を高めるため

もう1つが、私『やじ』としての価値を高めるため。

 

先ほども書きましたが、ただみやゆうに付いてまわるだけじゃ、私の価値は何も変わりません。

これから何十年も自分で生きていかなければいけません。

 

 

この47都道府県をまわる、というのは、私にとって1つの挑戦です。

もちろんまわっている間も、挑戦をし続けます。

 

 

私には、

『一生ワクドキし続ける』

『ワクドキな女性を増やす』

という人生の目標があります。

 

もうすぐ30歳だけど、そんな私がドキドキワクワクし続けている姿を見せれば、『そんな生き方もあるんだな』と思ってくれるかもしれません。

 

がむしゃらに夢に向かって走っていたら、私が一緒に仕事をしたい5人と、実際に仕事できるかもしれません。

死ぬまでに、私が一緒に仕事をしたい5人

 

そんな、周りを『ドキワク』させられる存在になりたい。

 

 

まあ、、、ぶっちゃけ、家がなくなったので、47都道府県に飛び出すには最良のタイミングです。

こんな経験、結婚してたら出来なかった。

舞い込んできたこのチャンスを、自分の経験に変え、私自身成長したい。

 

フリーランス2年目、バツイチの私が、どう成長していくか。

みなさんに見届けてほしいです。

 

 

超体感型個展を開くため

カメラマンなので、いつか個展を開きたい、とずっと思っていました。

でも、写真が並んでいるだけの個展は、アーティストの自己満足のような気がして…私は違和感を抱いていました。

 

もちろん、作品にそれだけのパワーがあれば話は違うかもしれません…

でも、写真やその人に興味を持ってなければ、なかなか個展には足を運ばないと思います。

 

だからこそ私は、個展に行ったことない人も来てくれるような、なんか気になるから行ってみようかな、と思えるような個展を開きたい。

やじの個展に行ったら、なんか分からんけど感動した!ドキワクした!そんな風に思ってもらいたい。

 

だから、私が目指すのは『超体感型の個展』

 

はい、完全にみやゆうの『超体感型観光スポット忍び場』をパクっています。笑

 

 

普段個展に行かない人も足を運んでくれるような、

なんか分からんけどドキドキワクワクして、心拍数が上がっちゃう!

 

そんな個展を開きたいんです。

 

 

そのために、47都道府県を回っている間に、

・全国の個展やアートに触れる
・アイデアを探す
・個展で使う写真を撮る

ということをやり、実際に超体感型個展実現のため動きます!

 

美容研究家忍者みやゆうとファンクラブを運営します!

本当に本当に、こんなことになるとは思っていませんでした。笑

でも、この数ヶ月だけで、もの凄くたくさんの事が起こり、たくさんの経験をしたわけで。

 

これから先、どんな未来が待っているか想像がつかないけれど、そんな状況にもドキワクしています。

 

みやゆうとやじ、そしてやじゆうの未来には、きっと今想像つかないようなストーリーが待っています。

 

そんなドキワクなストーリーを一緒に体感してみませんか?

 

みやゆうと運営する超・体感型ファンクラブ『やじゆうといっしょ』では、そんなドキワクを私たちと一緒に体験できます。

 

もっとワクドキしたい方!

 

私たちと一緒に面白いことやっていきましょう!

あなたもドキワクする仲間の一人です!

 

超・体感型ファンクラブ『やじゆうといっしょ』本日スタートです!!

『やじゆうといっしょ』の詳細はこちら

 

\こちらも合わせてどうぞ/

重大告知から3日。今の気持ちをまとめました

コメント

  1. Q より:

    やじかっこいいぞ!動画配信やブログを見て私も目標にむけてがんばろうって思いました。いつかそれぞれの夢を叶えて会えることを楽しみにしてます。
    みやゆうさんに三重は伊賀忍者いるんで手強いですよってお伝え下さい笑。

    オーストラリアへ逃亡した友人より。