やじのプロフィール

【東山動物園】過去の自分の『ポンコツ写真』から学ぶ撮影のコツ

\この記事を書いた人/
やじ

今しかないこの瞬間を残すカメラマン。看護師5年→結婚して専業主婦へ→2017年11月〜フリーランス。【#やじフォト】で活動中。美容研究家忍者みやゆう専属カメラマン。

▼やじをフォローする▼

カメラを買ったら、絶対行きたい動物園

やじ

こんにちは、カメラマンやじです♪

 

動物園は、

・被写体がたくさんいる
・様々な明るさやシチュエーションがある
・動物たちに癒される

と、撮影にはいいことばかり♪

カメラの技術を上げるのにもってこいの場所なんですね!

また、なかなか普段使うことのない『望遠レンズ』が大活躍するシチュエーションでもあります♪

 

今回は、愛知県の観光スポット『東山動物園』で撮影した写真をシェアしたいと思います!

 

写真は2016年10月。

この時は、まだカメラをやり始めてすぐで、設定めちゃくちゃです(笑)

 

ポンコツです。笑

 

多分オートで撮ってるし。

 

ただ、それも含め振り返ることで、動物園撮影のポイントが見えてきました

 

やじ

今回の記事では、過去の自分の写真にダメ出し称賛しまくりました!笑

きっと、動物園撮影の参考になると思うので、ぜひ読んでみてください♪

 

今回もJPEG撮影&編集なし(撮って出し)の写真です!

 

 

カメラはNikonのAPS-C機、D5500(初心者モデル)ですね♪

すべて、ダブルズームキットに付いていた『55-300mm f4.5-5.6』の望遠レンズの写真です♪

 

スポンサーリンク

【東山動物園の撮影】過去の自分の『ポンコツ写真』から学ぶ撮影のコツ

 

東山動物園の情報

東山動物園は、愛知県名古屋市にある市営動物園です。

 

市営動物園なので、入場料が大人500円という破格の値段!笑

そして、名古屋市在住の65歳以上の方は、なんと100円で観覧できてしまうんです!

安すぎるーー!

 

東山動物園は、名古屋市に住む人ならとっても馴染み深い動物園なんですね♪

 

入園時間 午前9時~午後430分(閉園は午後450分)
休園日 月曜日(事前にHPで確認ください)
住所 〒464-0804 名古屋市千種区東山元町3-70
公式HP  http://www.higashiyama.city.nagoya.jp/04_zoo/

 

 

東山動物園で撮影!ダメ出し&称賛

では、ここからは2016年10月に撮影した写真をご紹介していきます!

JPEG撮影&編集なしです。

 

東山動物園と言えばコアラ!

インスタで『#東山動物園』と調べた時に、ダントツで多いのがコアラの写真です!

 

動かないので撮りやすくて、しかも可愛い!

というのがその理由ですかね♪

 

 

SS 1/800、f4.8、ISO 16000、140mm
(35mm換算 210mm)(55-300mm 4.5-5.6)

 

やじ

一点を見つめるコアラ。

 

室内なのでISO感度がかなり上がってますが、そこまでノイズ(画像の粗さ)は気になりませんね♪

ただ、コアラはそんなに動かないので、シャッタースピードはもっと遅くて良かったかな(1/250とか)。そうすれば、もっとISO感度を下げれて、拡大した時にも綺麗な写真に仕上がります。

 

構図は、コアラが乗ってる枝のバランスがいい感じ配置できてると思います!

 

 

 

SS 1/200、f5.3、ISO 4500、210mm
(35mm換算 315mm)(55-300mm 4.5-5.6)

 

やじ

縦構図で、少しズームして寄ってみました♪

 

こっちは、シャッタースピード遅めに設定出来てますね。

色味や雰囲気がくっきり目なので、コアラの毛並みの感じがリアルに撮影出来ていると思います!

 

 

大人気イケメンゴリラ『シャバーニ』

東山動物園といえばイケメンゴリラ『シャバーニ』

 

SS 1/3200、f5.6、ISO 7200、300mm
(35mm換算 450mm)(55-300mm 4.5-5.6)

 

やじ
やじ

シャバーニの家族かな?

 

これも、設定ぐちゃぐちゃですね!笑

屋外で明るいはずなので、もっとISO感度は下げれます。

 

 

 

SS 1/3200、f5.6、ISO 6400、270mm
(35mm換算 405mm)(55-300mm 4.5-5.6)

 

やじ

これが多分シャバーニ…

って、決定的瞬間を捉えてしまった…😂笑

 

設定は1つ前の講評と同じで良い感じ。

ただ、こういう動物らしい瞬間を撮れてるのは、いいなあ〜と思います!

 

外見や仕草は、めちゃくちゃ人間っぽいのに、こういうのに恥じらいを見せないところ(当たり前)が面白いですよね。(載せても良いか結構悩んだ。笑)

 

 

 

ゾウはやっぱりデカい

像は大きいので、比較的撮影しやすい被写体ですよね♪

 

SS 1/500、f4.5、ISO 200、98mm
(35mm換算 147mm)(55-300mm 4.5-5.6)

 

 

やじ
やじ

設定としては、まあ良い感じ♪

曇りの屋外なら、ISO感度は200くらいに設定すると良いですね。

 

また、像の写真って、茶色一色になりやすいところ、緑を入れて(前ボケ)撮影してるのがGood!

こうやって動物以外に、写真の中に何を入れるかって大事。それを踏まえて場所選びしたいですね♪

 

 

 

 

SS 1/640、f4.8、ISO 280、102mm
(35mm換算 153mm)(55-300mm 4.5-5.6)

 

 

やじ

親子の水浴びシーン。

親子ショットはやっぱり可愛いです♪

 

縦構図だけど、写真の基礎構図3分割法(1/3の位置に親ゾウの顔を置く)を使って、うまく収めれてると思います!バランスも良い感じ♪

 

 

 

ペンギンやアシカもいるよ!

水辺にも可愛い動物たちがいました♪

 

SS 1/640、f5.6、ISO 250、300mm
(35mm換算 450mm)(55-300mm 4.5-5.6)

 

 

やじ

設定はOK。

目をつぶってる表情も可愛い♪

 

ただ、背景とペンギンの色が同系色なので、あんまり印象的ではないかもな〜。あとは、もう少し黒を締める(色がはっきり目の設定)だと、凛々しさが表現できるかも。

 

 

 

 

SS 1/640、f4.8、ISO 450、105mm
(35mm換算 157mm)(55-300mm 4.5-5.6)

 

 

やじ

構図は良いけど、ピントがバッチリ合ってないですね。

フォーカス設定は、動きに対応できるAF-Cモードで、半押ししてピントをしっかり合わせた状態で、良い瞬間を狙いましょう。

 

 

 

 

SS 1/250、f4.5、ISO 100、92mm
(35mm換算 138mm)(55-300mm 4.5-5.6)

 

 

やじ

これは、設定も構図もシーンも良い感じ♪

 

背景に遠足の子どもたちがいて、そのおかげで写真に色味が足されて明るい雰囲気の写真になりました。

 

強いていえば、左のアシカの口元から何かが出てるのが残念…汗(笑)こればかりは仕方ないけど。

 

 

 

 

SS 1/1600、f5.6、ISO 1000、300mm
(35mm換算 450mm)(55-300mm 4.5-5.6)

 

 

やじ

アシカが餌を捕らえる瞬間をうまく写せてます!

 

右下にもう一匹、下から見上げてるアシカが可愛い。笑

 

シャッタースピードを速くしてるおかげで、動きの速いアシカ、そして水滴もしっかり止めて撮影できてます。

こういう、瞬間的な写真の場合は、意図的にISO感度を高くしているので(SSを速くしたい→写真が暗くなる→ISOを上げる)OKです。(意図的ならね。笑)

 

 

 

 

なまけすぎカンガルー

カンガルーは、設定関係なく、可愛かったので載せます。笑

 

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

怠け具合がやばいですよね。笑

 

かっこいい!鳥類(クジャク・ワシ)

鳥類の撮影は難しいけど、だからこそカッコイイの撮れるとテンション上がりますよね〜。

 

鳥の「目」にピントを合わせることを意識。

動きに対応できる、AF-Cモードにし、半押ししてピントを合わせた状態で良い瞬間を狙います。

 

SS 1/1000、f5.6、ISO 500、210mm
(35mm換算 315mm)(55-300mm 4.5-5.6)

 

 

やじ

鋭い目がかっこいい!!

じっとしていたので、シャッタースピードもっと遅くできそうですね。そうすれば、ISO感度はもう少し低く出来ます。

 

 

 

 

SS 1/250、f5.6、ISO 2000、280mm
(35mm換算 420mm)(55-300mm 4.5-5.6)

 

 

やじ

きっちり目に焦点が合っててGood!

クジャクの檻の中はやや薄暗い感じ(木が生い茂ってる)。なので、ISO感度も高めの設定で良いと思います。

 

 

 

 

SS 1/250、f4.8、ISO 280、150mm
(35mm換算 225mm)(55-300mm 4.5-5.6)

 

やじ

この写真は一見良い感じに見えるけど、クジャクの顔にピントが合っておらず、かなり惜しい。

 

ただ、羽のグラデーションが超絶綺麗なのが好きなポイント。

やや暗めの写真に仕上がって、よりグラデージョンが強調されている気がします!

 

なので、もう少しF値をあげて、顔と体の両方にピントが合ったら良かったかな。その場合は、写真がさらに暗くなるのでISO感度を少し上げる必要があります。

 

 

 

SS 1/250、f5.6、ISO 5600、300mm
(35mm換算 450mm)(55-300mm 4.5-5.6)

 

 

やじ

顔のアップ写真。バッチリ目にピント合ってます!

この写真で気づいたけど…今までの3枚とも、くちばし汚いなあ…涙(笑)。

 

 

 

 

SS 1/250、f5.6、ISO 900、270mm
(35mm換算 405mm)(55-300mm 4.5-5.6)

 

 

やじ

クジャクの威厳みたいなのが表したくて、縦構図で狙ってみた写真です。

本当はもっと尾が長いのですが、そこは諦めています(OK)。

バランスが良い感じだと思います。

 

 

 

 

SS 1/250、f5.6、ISO 3600、300mm
(35mm換算 450mm)(55-300mm 4.5-5.6)

 

 

やじ

クジャクの羽だけに寄ってみた写真。

 

羽の質感まで伝わってきますね!

インパクトもあるし印象的。

 

ただ、何を一番見せたいかがはっきりしてない気がします。羽のフワフワ感を出したいなら、その部分をもっと大きく切り取ったほうがいいし、青色と緑色の綺麗さを表したいなら、ピントはもっと右に合わせたほうがいいのかも。

 

 

 

 

東山動物園でこんな写真も撮りました

時は経ち、2018年9月。

東山動物園にふただび行ってきました!

 

その時の写真がこちらです。

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

この時は、単焦点レンズを主に使って撮影しています。

また、撮影後には編集も少ししていますので、2年前の写真とも少し印象が違ってますね。

 

この時は、私が一緒に活動している美容研究家忍者みやゆうと一緒でした!

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

動物以外にも色々撮れて楽しかった〜♪笑

 

 

スポンサーリンク

動物園はカメラ技術を磨くのに最適!

いかがでしたでしょうか!

2年前の写真たち、設定が本当にポンコツだったので、世に出すかどうかとても迷ったのですが…

失敗写真から学べることもめちゃくちゃありますね〜♪

むしろこのポンコツ写真のおかげで、設定の説明が超しやすかった!笑

 

そして、設定にこだわりすぎなくても、いい瞬間に出会って、構図を決めてバチっと撮れば、大丈夫ということも分かりました!笑

と言っても、何百枚と撮影している中の数枚にすぎません。

とにかく、いろんな設定でたくさん撮ることが、カメラ上達への近道だと思います♪

 

 

もう1つ。

最近撮影した写真も確かにいい感じではあるけど、2年前に撮影した『素敵な瞬間』にはあまり出会えなかったんですよね。

素敵な瞬間っていつどんな時に出会えるかわからない、その瞬間はもう二度と見れない瞬間なのかも。ってすごく思いました。

 

そんな素敵な瞬間に

いつ出会ってもいいように

その瞬間がより素敵に残せるように

これからもカメラの技術を磨いていこうと思います😁

 

読んでいただきありがとうございます♪

やじ

カメラの記事をもっと見る

 

\こちらも合わせてどうぞ/

【東山動物園の撮影スポット】カメラマン厳選!記念写真撮るならここ!ベスト3!
【東山動物園】カメラマン使用!撮影で活躍した機材&レンズ紹介します♪

 

\撮影機材はこちら/

コメント