やじのプロフィール

【ホワイトバランスを使い分ける】シーン別おすすめ設定を紹介します!

\この記事を書いた人/
やじ

【アラサー・バツイチ・フリーランス】の美容研究家忍者みやゆう専属カメラマン。超・体感型ファンクラブ『やじゆうといっしょ 』運営中。一生ドキワクし続けるため、全力で活動中!

▼やじをフォローする▼

写真の雰囲気をガラッと変えてくれるホワイトバランス

その特徴を理解し使い分ければ、より表現の幅が広がります!

 

やじ

この記事では、シーン別に様々なホワイトバランスで撮影した写真をご紹介します!

撮影の参考になれば嬉しいです♪

 

\WB基礎編はこちら/

【ホワイトバランス】で写真がこんなに変わる!『色味』を調整してみよう!

 

スポンサーリンク

【ホワイトバランスを使い分ける】シーン別おすすめ設定を紹介します!

 

『シーン別』ホワイトバランスを使い分けてみた!

早速ご紹介していきます!

 

ぜひこの基本設定を頭に入れながら、見てみてください♪

 

※同じ写真で比較しているものは、RAWデータで撮影した後に、編集でホワイトバランスを変更しています。

【初心者必見】RAW現像での撮影を超分かりやすく説明します!

 

食べ物をより美味しそうに撮る

食べ物は、温かみのある色(オレンジ)が少し入っていた方が、より美味しそうに見えます。

なので、オレンジの色味が出る『日陰』に調整してみました♪

 

こちらの写真でも、赤み(オレンジ)を少しだけプラスしただけで、マグロやフライなど、色味が鮮やかになりました!

 

やじ

食べ物は少し赤みが出る設定が良さそうですね♪

 

コスモスを秋らしく撮る

コスモスの撮影では、青みが出る『蛍光灯』と、赤みが出る『くもり』の設定で比較します。

『蛍光灯』だとクールな雰囲気に、『くもり』だと温かみのある雰囲気になりました。

 

これはあくまで好みですが、赤みを加えると、秋らしさが表現できるのかな、と思います。

 

 

やじ

色味だけで、与える印象が全然違います♪

 

桜をピンク色に撮る

桜の撮り比べ。

『蛍光灯』『太陽』では、ピンクの色味が変わってきました。

 

やじ

これもどちらのピンクが好きかによるけど、私は右(太陽モード)の方が好きだな〜♪

 

夕焼けを幻想的に撮る

左が青みが出る『蛍光灯』

右が赤みが出る『日陰』

同じ場所で、こんなにも雰囲気ってすごい!

 

夕焼けの時間帯は、どのホワイトバランでもとってもいい感じに撮影できます!

 

 

日が沈むにつれて、ホワイトバランスを変化させてみました。

写真の雰囲気が全く違って、それぞれ伝わるってくるものも違いますね。

 

【竹島の夕日&夜景】蒲郡観光スポットで撮影!設定やポイント大公開!

 

やじ
やじ

夕焼けの時間帯は、ホワイトバランスの違いを楽しめる絶好の時間帯です!いろいろ撮り比べてみましょう!

なぜその色味にしたのか、理由まで言えたら100点です♪

 

工場夜景をかっこ良く撮る

 

三重県四日市市の工場夜景です。

どっちもかっこいいですが、青みをプラスする『蛍光灯』の方が、無機質でカッコイイ雰囲気がより出ている気がします。

 

やじ

工場、萌えるわ〜〜〜ぁ😍

 

イルミネーションの雰囲気を変えて撮る

青っぽい『電球』と、オレンジ気味の『太陽』では、雰囲気がすごく変わりました。

 

やじ

クールにカッコよく決めるか、暖かく二人の幸せな雰囲気を出すか。これも好みですね〜♪

 

ホワイトバランスに決まりは無い!

もうお気づきかもしれませんが、、、

 

そうです!

ホワイトバランスには正解はないんです!!!

 

人によって好みは様々です。

『何が正解か』ではなく、ホワイトバランスで出来ることを知り、表現の幅を広げていって欲しいな、と思います♪

 

スポンサーリンク

ホワイトバランスを自分らしく使いこなそう!

これだけ色味が変えられて、与える印象が変わるホワイトバランス。

どんなことが表現したいかを考え、そのイメージに近づくよう、ホワイトバランスをコントロール出来るようにすれば、より写真で思いを乗せられます。

 

ぜひ、ホワイトバランスの調整にチャレンジしてみてください!

そして、自分らしい色味に使いこなしてください♪

やじ

【ホワイトバランス】で写真がこんなに変わる!『色味』を調整してみよう!

カメラの記事をもっと見る

【初心者必見】RAW現像での撮影を超分かりやすく説明します!
【カメラバッグの中身】大公開!女性プロカメラマンの持ち物紹介します!

コメント