やじのプロフィール

【機内持ち込み可】キャリー付きリュックの『メリット』と『おすすめ5選』

\この記事を書いた人/
やじ

今しかないこの瞬間を残すカメラマン。看護師5年→結婚して専業主婦へ→2017年11月〜フリーランス。【#やじフォト】で活動中。美容研究家忍者みやゆう専属カメラマン。

▼やじをフォローする▼

先日、ずっと欲しかったキャリー付きリュックを購入しました!

購入するまで、半月近くいろんなバッグを見漁りました(笑)。

 

最終的に超お気に入りのキャリー付きリュックに出会えたのですが、せっかくなので購入の際、最終候補まで残った5つのバッグを紹介したいと思います!

 

それと合わせて、私が思うキャリー付きリュックのメリット・デメリットもまとめています。

やじ

購入の際の参考になれば嬉しいです!

 

スポンサーリンク

【機内持ち込み可】キャリー付きリュックの『メリット』と『おすすめ5選』

 

キャスター付きリュックとは?

キャスターが付いているリュックって、どんな特徴があるのでしょうか!

まず、私が考えるメリットとデメリットを書き出してみます!

 

メリット

私が思うメリットはこの3つ。

①背負ったりコロコロしたり状況に応じて変えられる
②ハードケースに比べて軽量
③荷物を整理しやすい

というのが挙げられます。

 

①背負ったりコロコロしたり状況に応じて変えられる

状況によって変えられるのが一番のメリット。

 

これくらいの大きさのバッグに荷物を詰め込むと、結構な重量になります。

肩にかなりの負担がかかり、旅行中ずっと背負ってるのは本当に辛いんですよね。

 

荷物が重くて疲れてテンション下がるのだは避けたい!

 

そんな時、キャリーバッグはすごくありがたいです。

 

ただ、満員電車ホーム階段の多い場所などはリュックの方が便利だったりします。

海外だと、石畳の道整備されていない道も多いですよね。

 

そんな時に使い分けられるのが一番のメリットです。

 

また、私は家から最寄り駅まで自転車移動なので、そんなときにもリュックになるのは本当にありがたいんです♪

 

②ハードケースに比べて軽量

キャリー付きリュックは、ソフトケースなので軽量です。

飛行機に乗る時、サイズはOKでも重量面で引っかかってしまっては元も子もありません。

 

バッグが軽量というのもメリットの一つです。

 

③荷物を整理しやすい

リュックだと、下の方に入れたものが取り出しづらかったりしますよね。

でも、キャリー付きリュックは、キャリーケースのようにファスナーががっつり開くので、荷物の整理がとても簡単なのです!

 

かなりズボラな私ですが、こんな感じでぐちゃぐちゃにならず、持ち運べました!

 

荷物が整理しやすいのはありがたいです♪

 

デメリット

対して、キャリー付きリュックを実際に使ってみて感じたデメリットはこんな感じ。

①荷物詰め込むと結構重くなる
②背負い心地がちょっと悪い
③強度が少し心配

この3つ。

①荷物詰め込むと結構重くなる

荷物がたくさん入るゆえ。

バッグ内に詰め込むと、結構重たくなるので、リュックで長時間過ごすのはきつかったです。

主はキャリーでの使用、状況に応じてリュックにする、という使い方がおすすめです。

 

②背負い心地がちょっと悪い

リュックのみのバックパックなどは、背部がカーブしてたり、クッション性が良かったり、背負う時の負担が軽減する工夫がされています。

でもキャリー付きリュックは、構造上背部が写真のように平らな物が多いです。

そのため、背負い心地は良いとは言えません。

 

③強度が少し心配

どっちかに特化したものに比べたら、やはり強度は劣ると思います。

こんな感じで、基本的にキャリー付きバッグは車輪が2つしかない、というのもデメリットではあります。

 

とはいえ、リュックとキャリーの良いところを兼ね備えている2WAYバッグは本当に使える優秀バッグだと感じています!

 

 

【機内持ち込み可】おすすめのキャリー付きリュック5つ

では最後に、私が実際にキャリー付きリュックを買った際に、最終候補まで残った5つを紹介します!!

・機内持ち込み可
・見た目がゴツくない(女性でもOK)
・たくさん荷物が入る

この3つを満たしているものを基準とし、選んでいきました!

 

ソロツーリスト『アブロードキャリー』

トラベルグッズ専門メーカーソロツーリストの2WAYバッグです。

大手メーカーなので安心感あります。

基本的な機能はもちろん充実してるのですが、気に入った点は『腰ベルトがある』ということ。

背負う際にかなり負担軽減になると思いました。

 

・表地: ナイロン
・三辺合計(㎝):115cm
・H:54 cm/W:36 cm/D:25 cm
・容量: 43L
・重量:2.75kg
・機内持ち込み:

 

カリマー『airportST』

こちらも大手メーカ。カリマーのバッグです。

値段はちょっと高めですが、その分作りがしっかりしている印象です。

外観もソロツーリストより好きですが、容量が少なめなのが気になるところでした。

・表地:KS-N840 JB
・三辺合計(㎝):109cm
・H:51 cm/W:34 cm/D:24 cm
・容量: 30L
・重量:3.1kg
・機内持ち込み:

 

タケハチ

竹八謹製というメーカーのバッグです。

ポケットもたくさんあり、軽くてたくさん入るこのバッグ。

何より、お値段がかなり良心的!

口コミも良いですし、コスパ的にかなりおすすめできます。

・表地:ポリエステル
・三辺合計(㎝):109cm
・H:52 cm/W:35 cm/D:21 cm
・容量: 46L
・重量:1.72kg
・機内持ち込み:

 

LeeDee

ネットサーフィン中に見つけたLeeDeeのバッグ。

こちらもかなりお値打ちなリュック。

そしてなんと、カラーバリエーションが全26色!!

女性もお子さんも使いやすいですし、お気に入りの色で旅できたら嬉しいですね!

・表地:高密度ナイロン
・三辺合計(㎝):108cm
・H:47 cm/W:36 cm/D:25 cm
・容量: 42L
・重量:2.1kg
・機内持ち込み:

 

エース『ジョガベルTRリュックキャリー』

そして最後が、私が実際に購入したエース『ジョガベルTR』です!

店頭でデザインに一目惚れ

発売されたばかりのバッグで、たまたま店頭で見つけました。

実物を見て確認出来たのが決め手かもしれません。

ちなみに、今回の記事に使っている写真はこのジョガベルのものです!!

気に入った点は記事にまとめてます♪

記事 エース『ジョガベルTR』2WAYキャリー付きリュックを購入したよ!

・表地:ナイロン
・三辺合計(㎝):110cm
・H:55 cm/W:32 cm/D:23 cm
・容量: 32L
・重量:2.2kg
・機内持ち込み:

 

 

『キャリー付きリュック』とってもおすすめです!!

いかがでしたでしょうか?

リュックって、本当に種類が多くて迷ってしまいますよね。

 

それぞれ、良いところがあるので、じっくり検討していただけたらと思います!

私の記事が、お気に入りのキャリー付きリュックに出会うための参考になってくれたら嬉しいです♪

読んでいただきありがとうございました!

やじ

 

 

紹介した商品一覧

コメント